小麦新品種・有望系統の品種生態と愛知県への適応性

小麦新品種・有望系統の品種生態と愛知県への適応性

レコードナンバー642072論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名杉浦 直樹
井上 勝弘
加藤 恭宏
小出 俊則
谷 俊男
井澤 敏彦
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ33号, p.77-86(2001-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (2744KB) 
抄録温暖地、暖地向けとして育成された早生小麦、イワイノダイチ、あやひかり、愛知小麦6号、並びにチクゴイズミの愛知県への適応性を検討した。この内、イワイノダイチは、農林61号より3日成熟期が早く、子実重及び外観品質も農林61号より安定して高かった。また、秋播性が高く(IV)、10月下旬の早播きをしても凍霜害を受けることがなく、作期の前進が可能であった。今後は、耐穂発芽性及び製粉・製めん性の安定性を調査する必要がある。
索引語コムギ;新品種;系統;愛知県;早生;耐凍性
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat