愛知県におけるセイヨウナシ「グランドチャンピオン」の果実品質と内容成分

愛知県におけるセイヨウナシ「グランドチャンピオン」の果実品質と内容成分

レコードナンバー642088論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名伊藤 茂
吉村 幸江
舛田 奈里
鬼頭 勇夫
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ33号, p.195-200(2001-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (1484KB) 
抄録愛知県におけるセイヨウナシ品種「グランドチャンピオン」果実の追熟に伴う果実品質、内容成分の変化を同地で収穫された他品種と比較検討した。その結果は以下のとおりである。 1グランドチャンピオンは、15℃で7日間追熟処理することにより、可食適期となり、ラ・フランス、ウィンターネリスと比較して、追熟日数が短かった。 2果実の糖組成は果糖、ソルビトールが中心で、その他、ブドウ糖、ショ糖が含まれていた。ラ・フランス、ウィンターネリスと比較して、ソルビトールの割合が高いことが特徴であった。 3有機酸組成は、リンゴ酸が中心で、残りはクエン酸であった。有機酸含量は追熟中にわずかに減少した。 4可食期の果実の全ペクチン含量、水溶性ペクチン含量は、ラ・フランスとほぼ同量であった。しかし、全ペクチン含量、水溶性ペクチン含量ともに、ウィンターネリスよりは少なかった。 59月上旬から中旬に収穫できる早生品種であるが、上旬に収穫するのに比べ中旬に収穫した方が、果実重が増加し、糖含量も高くなった。しかし、可食期の糖含量には差がなかった。
索引語ナシ;果実;品質;愛知県;成分
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat