高知方式湛液型ロックウールシステムによる果菜類の栽培(4)

高知方式湛液型ロックウールシステムによる果菜類の栽培(4)

レコードナンバー642150論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011918NACSIS書誌IDAN10406825
論文副題シシトウガラシ‘ししほまれ’の促成栽培における生育・収量特性
著者名山本 正志
前田 幸二
書誌名高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center
別誌名Bull. Kochi Agric. Res. Cent.
高知農技セ研報
発行元高知県農業技術センター
巻号,ページ11号, p.75-84(2002-03)ISSN09177701
全文表示PDFファイル (1500KB) 
抄録高知方式湛液型ロックウールシステムを用い、シシトウガラシ'ししほまれ'の促成栽培における本圃での整枝法および適正な培養液濃度について検討するとともに、本システムでの生育・収量特性を土耕と比較検討した。 1.ロックウール耕において主枝および側枝を摘心した場合は、捻枝した場合に比べて、収穫後期には高次側枝の発生が旺盛で、着果数も著しく多く推移した。また、収穫所要日数はやや短く、上品率が高く、6月末日までの上品収量は19%多がった。 2.本圃における培養液濃度を山崎ナス処方に準拠した1.0単位とした場合は、0.6単位とした場合に比べて、節間が長く、収穫後期には高次側枝の発生が少なく、着果数も著しく少なく推移した。また、収穫所要日数、上品率はほぼ同じで、6月末日までの上品収量は18%少なかった。 3.ロックウール耕では土耕に比べて、収穫後期には高次側枝の発生が旺盛で、着果数が著しく多く推移した。また、収穫所要日数はほぼ同じて、上品率が高く、6月末日までの上品収量は34%多かった。 4.シシトウガラシ'ししほまれ'の本システムへの適合性は極めて高いことが明らかとなった。
索引語施設栽培;ロックウール;トウガラシ;養液;生育;収量;果菜;促成栽培;高知県
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat