焼酎粕ペレット飼料が繁殖豚の健康,同腹仔数,分娩子豚の生存率に及ぼす影響

焼酎粕ペレット飼料が繁殖豚の健康,同腹仔数,分娩子豚の生存率に及ぼす影響

レコードナンバー642170論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015280NACSIS書誌IDAN00236503
著者名中尾 信雄
小野寺 良次
稲澤 昭
ほか16名
書誌名宮崎大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, University of Miyazaki
発行元宮崎大学農学部
巻号,ページ48巻・ 1-2号, p.39-47(2001-12)ISSN05446066
全文表示PDFファイル (675KB) 
抄録本研究では、繁殖豚(試験区・対照区各16頭)によるフィールド試験として、焼酎粕ペレット飼料を母豚に給与した場合の母豚の健康状態、同腹仔数、子豚の生存率等に及ぼす効果を検討した。 その結果、妊娠期の飼料摂取量は試験区・対照区間でほとんど差がなかったが、授乳期の飼料摂取量は試験区が対照区よりもやや低い傾向が見られた。また、平均分娩舎移動時母豚体重から平均離乳時母豚体重を差し引いた値は、試験区が約16%低く、これは、試験区の母豚の体重減少が少ないことを意味し、母豚の体成分の消耗が少なかったことを意味していると考えられた。 子豚の生存率関係では特に興味深い結果が得られた。すなわち、この試験では、同じ母豚の前歴データとの比較を行った結果、今回は、子豚の生存率が、試験区で、前回よりも約15%高くなった。他方、対照区では、今回は前回よりも約3%高まったに過ぎなかった。したがって、母豚へ焼酎粕ペレット飼料を給与すると、子豚の生存率を高める機能性が発揮されると考えられた。さらに、生存率に関してその死亡原因を詳しく調べてみると、対照区は概して病気で死亡しているのに対して、試験区はほとんどが圧死という事故で死んでいることが判明した。初乳のビタミンE含量および抗体価を分析すると、いずれも焼酎粕ペレット飼料給与区が高い傾向が見られた。これらの事実から、焼酎粕ペレット飼料は子豚を感染症などから保護する機能性(防御機能)があると考えられた。 次に、母豚への焼酎粕ペレット飼料給与が子豚の4週齢までの初期成長に及ぼす影響を検討した結果、子豚の平均増体量および平均1日増体量は、試験区が対照区よりも有意(P<0.05)に高かった。 以上の結果から、母豚に焼酎粕ペレット飼料を給与すると、妊娠期および授乳期における母豚の体成分の消耗が減少し、生れた子豚の成長が無給与時よりも有意に促進され、子豚の防御機能が向上して罹患率が減少し、生存率が高まるという結論が導きだされた。
索引語粕類;ブタ;繁殖;子豚;ペレット;飼料;分娩;生存率;健康
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat