日本で発生するジャガイモYウイルスえそ系統に特異的なマウスモノクローナル抗体の作製とその解析

日本で発生するジャガイモYウイルスえそ系統に特異的なマウスモノクローナル抗体の作製とその解析

レコードナンバー642174論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013978NACSIS書誌IDAN00239079
著者名桑田 茂
書誌名明治大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Meiji University
別誌名明大農研報
Bulletin of School of Agriculture, Meiji University
発行元明治大学農学部
巻号,ページ129-130号, p.1-10(2002-03)ISSN04656083
全文表示PDFファイル (776KB) 
抄録ジャガイモYウイルスのえそ系統と普通系統は血清学的に類縁関係があり、ウサギポリクローナル抗体を用いた場合は普通系統で吸収しても、交叉反応の除去が困難である。そこで、えそ系統で免疫したマウスから常法でハイブリドーマ作製して、えそ系統と反応するが普通系統とは交叉反応しないハイブリドーマを選抜して、酵素標識抗体法でえそ系統を検出する手法を確立した。この手法を用いてジャガイモYウイルス分離株を調べたところ、接種実験で普通系統と判定される分離株の1つがえそ系統特異的モノクローナル抗体と反応し、普通系統とえそ系統の病原性の違いは外被タンパク質によって決定されていないことが示された。
索引語植物ウイルス;ジャガイモ;壊死;モノクローン抗体;作出;解析;マウス;日本;バイオテクノロジー
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat