磁性シリカビーズを用いたイチジク株枯病菌のPCRによる土壌からの検出

磁性シリカビーズを用いたイチジク株枯病菌のPCRによる土壌からの検出

レコードナンバー642200論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016361NACSIS書誌IDAN10503209
著者名清水 伸一
三好 孝典
兼松 聡子
書誌名愛媛県立果樹試験場研究報告 = Bulletin of Ehime Fruit Tree Experiment Station
別誌名Bull. Ehime Fruit Tree Exp. Sta. Japan
愛媛果樹試研報
愛媛県立果樹試験場研究報告
発行元愛媛県立果樹試験場
巻号,ページ15号, p.35-40(2002-03)ISSN03892867
全文表示PDFファイル (1269KB) 
抄録土壌伝染性病害であるイチジク株枯病菌のポリメラーゼ連鎖反応法(PCR)による土壌からの検出法の開発を試みた。 1)純度の高いDNA溶液を得ることができる磁性シリカビーズを利用した核酸抽出キットを用いることにより、株枯病菌を接種した土壌から簡易にDNAを抽出することが可能で、PCRを行った結果、株枯病菌に特異的な増幅産物を得ることができた。 2)PCRによる検出限界は、nested PCRを行うことにより乾燥土壌1g当たり101個の胞子濃度まで検出することが可能であった。これは枝挿法の検出限界と同等であったが、検出に要する期間はPCRの方が短かった。 3)Nested PCRにより現地ほ場から採集した土壌を用いて株枯病菌の検出を行った結果、枝挿法による検出結果とすべて一致した。 4)以上のことから、PCRによる株枯病菌の土壌からの検出方法として、全核酸の抽出を土壌中のPCR阻害物質を効果的に除去できる磁性シリカビーズ法で行い、その後、nested PCRすることが有効であることが明らかとなった。
索引語イチジク;病原菌;PCR;検出
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat