イチジクの芽の休眠の深さの程度と枝梢内成分の変化

イチジクの芽の休眠の深さの程度と枝梢内成分の変化

レコードナンバー642207論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名川俣 昌大
西田 悦子
小原 均
ほか2名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 2号, p.177-182(2002-03)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (536KB) 
抄録露地栽培の4年生イチジク‘桝井ドーフィン’より、1999年7月下旬から2000年3月上旬にかけて毎月当年生枝を採取し、1節ごとに切り分けた5、8、11、14、17および20節目の枝梢を恒温室(25℃、5klx蛍光灯下)に置いた水床に挿し木し、20日後における萌芽率および萌芽率80%に達するまでの萌芽所要日数を調査した。また、同時期に採取した枝梢内の水分、炭水化物およびABA含量を測定した。 全ての節位の萌芽率の平均値は、11月下旬に約40%と最も低下した。また、萌芽率は低節位ほど低下する傾向がみられた。水分含量は、枝梢の発育に伴って漸減し、萌芽率が最も低下した11月下旬には約60%となった。また、デンプン含量は10月下旬を境に急減し、全糖含量は増加した。ABA含量は10月下旬に急増した。 以上の結果より、イチジクの芽の自発休眠の形態は、10月初旬~11月初旬が導入期、11月下旬頃が最深期および12月中旬~1月下旬頃が覚醒期であることが明らかとなった、また、最深期であってもほとんどの節位で萌芽し、萌芽所要日数が最長で約28日とそれほど長くないことから、二期作や周年栽培のための加温や枝の切り戻しせん定はいつ行っても支障がないことが明らかとなった。
索引語イチジク;芽;休眠;枝;成分;ABA;炭水化物
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat