RAPD法によるタマネギの品種識別並びに遺伝的多様性の評価

RAPD法によるタマネギの品種識別並びに遺伝的多様性の評価

レコードナンバー642220論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名谷川 毅
高儀 雅俊
一井 眞比古
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 2号, p.249-251(2002-03)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (302KB) 
抄録タマネギ品種の品種識別並びに品種間の類似度を評価するために、タマネギ22品種を用いてRAPD分析を行った。 RAPD分析に100種類のプライマーを供試したところ、17種類で再現性のある多型バンドが得られた。17種類のプライマーで合計88本の増幅バンドが得られ、その内35本のバンドが多型を示した。数種類のプライマーから得られた多型バンドを組み合わせることにより22品種全てを識別することができた。類似度は、0.836-0.979の範囲であり、品種間の遺伝的距離が近いようであった。類似度に基づくデンドログラムでは、タマネギ22品種は大きく6群に分かれた。‘スーパーハイゴールド’は他品種と遺伝的に離れていた。各群に含まれる品種の形態的および生態的特性並びに遺伝的背景には一定の傾向は見いだせなかった。一方、培養細胞からの植物体再分化能が高い品種では欠失し、低い品種では存在するRAPDマーカーOPD-03-850が得られた。
索引語タマネギ;品種;識別;RAPD;遺伝;多様化;評価
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat