炭素・窒素安定同位体比から推察した晩春期の瀬戸内海西部海域におけるヒメジンドウイカLoliolus sumatrensisの生息場所および栄養段階

炭素・窒素安定同位体比から推察した晩春期の瀬戸内海西部海域におけるヒメジンドウイカLoliolus sumatrensisの生息場所および栄養段階

レコードナンバー642426論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20015015NACSIS書誌IDAN10063434
著者名高井 則之
三島 康史
星加 章
書誌名水産海洋研究
別誌名Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography
発行元水産海洋学会
巻号,ページ66巻・ 1号, p.1-10(2002-02)ISSN09161562
全文表示PDFファイル (830KB) 
抄録晩春期の瀬戸内海西部海域におけるヒメジンドウイカの生息場所および栄養段階を推察するため、炭素・窒素安定同位体比を分析した。本種のδ15Nは沖合・外洋域の頭足類に比べて著しく高く、都市排水起源の15Nに富んだ窒素の影響を強く受けていたことが示唆された。外套長60~80mmの採集個体のδ13C-δ15Nマップ上での分布は、採集地点間で明瞭に異なっていた。この同位体比分布に基づき、採集個体は3群(I、II、III)に分けられた。群Iは河川水流入量が多く塩分が比較的低い広島湾湾奥部で採集され、群IIは河川水流入の影響が小さい広島湾湾央部と安芸灘で採集された。これらの2群は十脚類などを捕食する肉食者であることが示唆された。群IIIは、安芸灘北縁部の浅所でのみ採集された。この群は、δ13C、δ15Nともに特異的に低く、植物もしくは動物プランクトンを摂食するプランクトン食者であることが示唆された。
索引語安定同位元素;炭素;窒素;イカ類;瀬戸内;生息地;食性;春
引用文献数29
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat