養殖環境における海洋性発光細菌と感染ファージの分離と性状

養殖環境における海洋性発光細菌と感染ファージの分離と性状

レコードナンバー642451論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名坂田 泰造
吉川 毅
Cruz A.A.
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ50巻・ 1号, p.109-115(2002-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (211KB) 
抄録日本とフィリピンの魚介類養殖場および周辺海域から海洋性発光細菌の分離を行った。試料海水中の総菌数は101から105cfu/mlの範囲であり、発光細菌の生菌数はOから104cfu/mlの範囲であった。発光細菌63株について形態、生理学的性状およびファージ感受性検査を行った結果、大部分はVibrio属であったが5株のPhotobacterium属も含まれていた。ヒラメ飼育水からV. harveyiに感染するファージが分離されたので、Vibrio属菌株のファージ感受性を調べたところ、V. harveyi菌株に感受性を示すものがあり、V. fischeri菌株では感受性を示すものは見られなかった。フィリピン分離株にも日本で分離されたファージに感受性を示すものがあり、ファージ分離株を用いたファージ型別が可能であることが示された。これらの結果から日本およびフィリピンの養殖場にはV. harveyiとV. fischeriを含む発光細菌が広く分布しており、特にV. harveyiは非常に近縁の菌株群を含むことが示された。
索引語海洋;発光;細菌;感染;バクテリオファージ;分離;養殖;環境
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat