胚珠・胚培養によるタカサゴユリ(Lilium formosanum Wallace.)×ササユリ(Lilium japonicum Thunb.)種間雑種の作出および雑種の特性

胚珠・胚培養によるタカサゴユリ(Lilium formosanum Wallace.)×ササユリ(Lilium japonicum Thunb.)種間雑種の作出および雑種の特性

レコードナンバー650502論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014247NACSIS書誌IDAN00102722
著者名稲垣 栄洋
大塚 寿夫
書誌名静岡県農業試験場研究報告 = Bulletin of Shizuoka Agricultural Experiment Station
別誌名Bulletin of the Shizuoka Agricultural Experiment Station
発行元静岡県農業試験場
巻号,ページ46号, p.69-76(2001-12)ISSN0583094X
全文表示PDFファイル (1342KB) 
抄録到花年数の短いササユリタイプの品種育成を目的として、タカサゴユリとササユリの種間雑種の作出を行った。 1. タカサゴユリを子房親にするとササユリとの交雑親和性は高かったが、タカサゴユリを花粉親にすると親和性は低く、片方向不和合性が認められた。 2. 胚珠・胚培養から1年以内に開花した系統は傾母個体が多く、葉型や開花日がタカサゴユリに近い傾向があった。ササユリ型の花型を示す系統は、胚珠・胚培養から開花までの到花年数が長いと出現率が高まる傾向にあり、2年目、3年目に開花した系統からはササユリに近い系統が得られた。 3. 胚珠・胚培養から1年以内に開花した系統では自殖性が認められ後代を得ることが可能であった。F1世代ではほとんどがタカサゴユリと同じ地上発芽性を示したが、F2世代ではササユリと同じ地下発芽性を示す系統も出現した。しかし、発芽性の差異はタカサゴユリ型とササユリ型の花型や葉型を示す系統を分別する指標とはなり得なかった。また、F1世代では全てが細葉系統であったがF2世代では広葉系統の出現も認められた。
索引語ユリ;種間交雑;組織培養;胚;胚珠;特性
引用文献数28
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat