近交系マウスの受精・発生速度についての研究

近交系マウスの受精・発生速度についての研究

レコードナンバー650692論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
論文副題RFM/Msを用いたC57BL/6Jとの比較
著者名鬼頭 靖司
舘野 真太郎
太田 有紀
ほか1名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ19巻・ 1号, p.32-38(2002-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (611KB) 
抄録近交系マウスの受精・発生速度についての研究:RFM/Msを用いたC57BL/6Jとの比較32-38 鬼頭靖司1・舘野真太郎2・太田有紀2・野口淑子2 1放射線医学総合研究所、千葉市 〒263-8555、2サイエンスサービス、千葉市 〒263-8555 放射線照射により骨髄性白血病を高率に多発するRFM/Ms近交系マウスを用いて体外受精・体外発生の可否検定、並びC57BL/6Jマウスとの交雑比較実験を行った。RFM/Msマウスは、≧5i.u.eCG投与にて≧20個の卵子が排卵され、高排卵系統であった。RFM/MsマウスのTYHでの体外受精率は82%、kSOMでの胚盤胞への発生率は87%であった。しかしC57BL/6Jと受精速度を比較したところ、受精の速度はRFM/Msの方が有意に遅かった。受精・発生速度への雌雄因子の影響を調べるためにRFM/MsとC57BL/6Jとの交雑実験を行い、以下の結果を得た。受精については、雄側因子が受精速度に、雌側因子が受精率に影響していた。胚盤胞への発生並び、核数では雌雄因子の相互作用が働いており、孵化胚盤胞への発生は、雌性因子の影響が特に大きく、♀RFM/Ms×♂C57BL/6J胚において高率に起きた。これらのことから、雌雄双方の因子が、単独または相互作用により受精・発生率並び受精・発生速度に複雑に影響していることが示された。 キーワード:近交系マウス、RFM/Ms、C57BL/6J、体外受精、体外発生
索引語マウス;受精;発生;近親交配
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat