受精卵核移植によるクローン牛の作出

受精卵核移植によるクローン牛の作出

レコードナンバー650820論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名谷口 俊仁
柏木 敏孝
野口 浩和
ほか1名
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ3号, p.67-70(2002-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (812KB) 
抄録受精卵クローン牛を作出するため、食肉処理場由来卵巣から回収した卵子をレシピエント、生体由来4日目胚をドナーとして受精卵核移植をおこない、発生胚を凍結保存し、保存した胚を融解後、受卵牛に移植した。移植した13頭のうち1頭で妊娠が確認され、胎齢272日時に生時体重29kgの受精卵クローン牛を分娩した。
索引語クローン;ウシ;受精卵;核移植;胚;凍結;分娩;生産
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat