ヤマモモ実生苗の葉の欠刻によるエイジングの推定と繁殖方法による若返りの評価

ヤマモモ実生苗の葉の欠刻によるエイジングの推定と繁殖方法による若返りの評価

レコードナンバー650859論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名加藤 文浩
大石 惇
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 3号, p.401-404(2002-05)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (528KB) 
抄録ヤマモモを材料として、エイジと葉の欠刻の関係及び繁殖に伴う葉の欠刻の変化を調査した。ヤマモモ実生苗の葉の欠刻は、エイジングに伴い浅くなる傾向を示し、0年生から10年生の間で明らかな規則性がみられた。挿し木苗からの新梢の葉の欠刻は、1年生以下の幼苗からの挿し木苗では欠刻の深さで母株との違いはみられなかった。一方、2~5年生苗からの挿し木苗では母株より欠刻が深かった。また、培養苗からの新梢の葉の欠刻は、母株に比べ明らかに深かった。挿し木苗、培養苗ともにt検定による有意差が認められ、このことは株の若返りを表していると考えられた。
索引語ヤマモモ科;老化;推定;葉;形態;実生;苗;繁殖;方式;再生
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat