キトサン処理がイネ及びダイズ茎葉部のキチナーゼ活性に及ぼす影響

キトサン処理がイネ及びダイズ茎葉部のキチナーゼ活性に及ぼす影響

レコードナンバー650898論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名千布 寛子
芝山 秀次郎
光富 勝
ほか1名
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ71巻・ 2号, p.212-219(2002-06)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (1123KB) 
外部リンク
抄録イネ及びダイズを供試し、土壌混和によるキトサン処理を行った後、茎葉部のキチナーゼ活性の調査を行った。イネでは、無施肥条件で栽培すると苗移植後2週目の個体からキトサン処理によるキチナーゼ活性値の増加が見られ、移植後60、90及び120日目の調査でも増加傾向が認められたが、施肥条件では影響は明瞭でなかった。ダイズでは、キトサン処理によるキチナーゼ活性値への影響は無施肥条件で見られる場合もあったが、明瞭でない場合もあり、作物によってキトサン処理の影響は異なった。
索引語キトサン;イネ;ダイズ;酵素(加水分解酵素);茎葉
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat