生草および乾草給与時の緬羊の採食性と水出納

生草および乾草給与時の緬羊の採食性と水出納

レコードナンバー650909論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名成田 大展
佐藤 衆介
菅原 和夫
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ48巻・ 2号, p.126-129(2002-06)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (423KB) 
抄録成田大展・佐藤衆介・菅原和夫(2002):生草および乾草給与時の緬羊の採食利用性と水出納。日草誌48、126-129。生草含有水が家畜の栄養摂収に及ぼす影響を解明することを目的とし、生草と乾草を緬羊に給与し、自由採食量、家畜の水出納および採食行動を調べた。 生草区は、原物採食量は多かったが、乾物摂取量は低下した。生草区の水の摂取量及び排泄量は、乾草区より大きかった。反芻胃内容物の性状は生草区でpHが高く、NH3濃度は高かった。また、浸透圧は高かったが、液体希釈率には乾草区との間に差はなかった。採食時間は生草区で長く、反芻時間に両区で差がなかった事から、Rt/Et比は生草区が乾草区と比べて小さかった。また、生草区では採食・反芻行動頻度とも、乾草区と比べ多かった。 生草給与と乾草給与では、反芻胃内での水の動態が大きく異なり、それらは生草中水分の解放過程が大きく関与しているものと考えられた。
索引語ヒツジ;採食;水;収支;草;乾草;給餌
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat