ストロビルリン系化合物のコムギうどんこ病および眼紋病に対する防除効果

ストロビルリン系化合物のコムギうどんこ病および眼紋病に対する防除効果

レコードナンバー650939論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名市場 常男
狗田 鉄也
堀田 幸夫
ほか2名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ27巻・ 2号, p.127-132(2002-05)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (592KB) 
外部リンク
抄録数種のストロビルリン系化合物およびDMI剤を用い室内における殺菌活性と圃場における防除効果の関係について、コムギうどんこ病およびコムギ眼紋病を対象として比較検討した。圃場におけるコムギうどんこ病に対する防除効果は、室内試験における殺菌活性と一致せず、浸透移行性が高く、ベーパーによる活性が認められたクレソキシムメチル、トリアジメホンおよび(E-2-[2-(3-トリフルオロメチル-5-クロロピリジン-2-イルオキシメチル)フェニル]-2-メトキシイミノ-N-メチルアセトアミドの3剤が高い防除効果を示し、浸透移行またはペーパーにより新たに展開する葉を保護することが重要な要素と考えられた。一方、眼紋病に対しては高い菌糸伸長阻害活性を示し、浸透移行性の低かった(E)-2-[2-(2,5-ジメチルフェノキシメチル)フェニル]-2-メトキシイミノ-N-メチルアセトアミド(SSF-129)およびプロクロラズが、圃場においても高い防除効果を示し、菌糸伸長阻害活性が高くかつ付着した化合物が長期に散布部位に残ることが重要な要素と考えられた。
索引語殺菌剤;有機化合物;コムギ;病害(糸状菌病);防除;効果;作用特性;うどんこ病
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat