低密度ファイバーボードの断熱性・吸音性と難燃処理方法

低密度ファイバーボードの断熱性・吸音性と難燃処理方法

レコードナンバー651071論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010775NACSIS書誌IDAN10102048
著者名菊地 伸一
駒澤 克己
小橋 一哉
書誌名林産試験場報
別誌名Journal of the Hokkaido Forest Products Research Institute
発行元北海道立林産試験場
巻号,ページ16巻・ 3号, p.1-6(2002-05)ISSN0913140X
全文表示PDFファイル (535KB) 
抄録木質ファイバーとポリエステル樹脂ファイバーとを混合、加熱・成形して厚さ15および21mm、密度0.06~0.249/cm3の低密度ファイバーボードを試作した。得られたボードの物性および難燃処理方法を検討し、以下の結果を得た。 1)密度0.08g/cm3のファイバーボードの熱伝導率は0.046W/mKで、同密度のグラスウール吸音ボードにほぼ準じる性能を示した。 2)密度0.12g/cm3のファイバーボードの吸音率は、グラスウール吸音ボードと同程度の性能を示した。 3)硫酸アンモニウム、リン酸水素ニアンモニウムおよび八ホウ酸ナトリウムを5~7:0:6の割合で混合した難燃剤を75kg/m3添加した低密度ファイバーボードは、難燃2級の防火性能を示した。
索引語ボード;熱;熱伝導;音響;防火;燃焼;リン;密度
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat