ウメ新品種‘八郎’

ウメ新品種‘八郎’

レコードナンバー651281論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011205NACSIS書誌IDAA11651673
著者名山口 正己
京谷 英壽
吉田 雅夫
土師 岳
西村 幸一
中村 ゆり
三宅 正則
八重垣 英明
西田 光夫
垣内 典夫
田中 敬一
大宮 あけみ
石川 祐子
小園 照雄
木原 武士
鈴木 勝征
福田 博之
朝倉 利員
書誌名果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science
別誌名Bulletin of the NARO Institute of Fruit Tree Science
Bull. Natl. Inst. Fruit Tree Sci
果樹研報
発行元農業技術研究機構果樹研究所
巻号,ページ1号, p.35-46(2002-03)ISSN13473549
全文表示PDFファイル (1166KB) 
抄録1. 果樹試験場(現果樹研究所)では1970年よりウメの新品種育成に着手し、1997年に‘加賀地蔵’および‘八郎’の2品種を育成し公表した。2. ‘八郎’は果樹試験場において、1973年に‘地蔵梅’の自然交雑種子を播種して得た実生から選抜した。1983年から‘ウメ筑波2号’の系統名によりウメ第1回系統適応性検定試験に供試し、1997年8月19日付けで‘八郎’と命名され、‘うめ農林2号’として登録、公表された。また、2000年12月22日付けで登録番号8562号として、種苗法に基づき品種登録された。3. ‘八郎’の樹姿は開張性で樹勢は中位、短果枝の着生は多く、花芽も多い。花は一重咲きで花弁は白色、花粉は多く、自家結果性で収量は多い。開花期は中位である。収穫期は6月20日頃となり、‘南高’より1週間以上早い中生品種である。4. 果実は円形ないしは短楕円形で、果実重は20gとやや小さめの中ウメである。果面の赤い着色は見られない。核の大きさは2g前後、核重率は10%程度である。ヤニ果の発生は極めて少ない。滴定酸度は4.5~5%程度と中位である。梅干し品質は比較的良好で、梅干し加工に適する。
索引語ウメ;新品種;育成;登録;自然;交雑;栽培;特性;地域;適応
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat