茨城県西地域における乳牛のレプトスピラ抗体調査

茨城県西地域における乳牛のレプトスピラ抗体調査

レコードナンバー651427論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名蓮田 安信
石井 正人
桔梗 洋右
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ55巻・ 6号, p.341-344(2002-06)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (390KB) 
抄録茨城県西地域の6農場の乳牛200頭について顕微鏡凝集反応法により、レプトスピラの抗体調査を実施した。陽性反応とした陽性限界値は抗体価128倍以上とした。その結果、4農場由来の30頭が陽性(陽性率15%)であった。調査に用いた3血清型のうちで、抗体陽性牛数L.autumnalisが10頭、L.hebdomadisが22頭であったがL.ictero-haemorrhagiaeは検出されなかった。茨城県西地域における乳牛のレプトスピラ抗体の陽性率は信頼度95%で15%と推定され、区間推定で10~20%となった。すべての抗体陽性牛はレプトスピラ症の臨床症状を示していなかった。これらの結果から本地域において乳牛のレプトスピラ感染が広く浸潤している可能性が示唆された。
索引語乳牛;細菌(その他);抗体;調査;茨城県
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat