ナス近縁野生種の病害抵抗性と交配親和性

ナス近縁野生種の病害抵抗性と交配親和性

レコードナンバー651612論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005567NACSIS書誌IDAA11587869
著者名近藤 恵美子
書誌名埼玉県農林総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Saitama Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名埼玉農総研研報
発行元埼玉県農林総合研究センター
巻号,ページ1号, p.41-46(2001-03)ISSN13467778
全文表示PDFファイル (450KB) 
抄録埼玉県内の主要な土壌病害である半身萎凋病と青枯病についてナス栽培種と近縁野生種の病害抵抗性を検定した。半身萎凋病にはSolanum torvumとS.abutiloidesが最も強く、続いてS.toxicariumが抵抗性を示した。青枯病には完全に抵抗性を示す種はなかったがS.melongena (D.M.P.)とS.sanitwongseiが比較的強度の抵抗性を示した。しかし、これらの種間には交配親和性がなかった。
索引語ナス;野生植物;抵抗性;親和性;萎凋病;青枯病;土壌病害;交配
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat