チャノミドリヒメヨコバイの茶樹嗜好性,抵抗性品種系統の検討

チャノミドリヒメヨコバイの茶樹嗜好性,抵抗性品種系統の検討

レコードナンバー651622論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005567NACSIS書誌IDAA11587869
著者名小俣 良介
内野 博司
書誌名埼玉県農林総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Saitama Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名埼玉農総研研報
発行元埼玉県農林総合研究センター
巻号,ページ1号, p.107-112(2001-03)ISSN13467778
全文表示PDFファイル (435KB) 
抄録いくつかの茶の品種系統に関してチャノミドリヒメヨコバイ、Empoasca Onukii Matsudaの嗜好性あるいは抵抗性があるかを調査した。1997年にチャノミドリヒメヨコバイの多発した系統である80G1-50は、他の品種と比較し葉縁部または葉脈間が退色した被害葉が多く認められ、葉の厚みが薄く、葉色が薄い傾向にあった。チャノミドリヒメヨコバイの嗜好する品種系統と考えられる。さらに‘やぶきた’と比較したカテキン類の成分含有率は全体的に低い傾向が認められ、EGCg(エピガロカテキンガレート)が特に低く、カフェインの含有率は高かった。一方、抵抗性の見られた枝条のカテキン類の含有率は、‘やぶきた’と比較して差はなかったか、EGCについてはやや高い傾向にあった。さらに、80G1-50と比較するとカテキン類の含有率は全体的に高い傾向が認められ、チャノミドリヒメヨコバイの抵抗性にカテキン類が関係している可能性がある。チャノミドリヒメヨコバイがどの品種系統の枝条へ移動するかをみた試験については、ほ場において抵抗性の見られた枝条に有意に集まり、感受性の見られた80GI-50に有意に少ない結果となり、野外で観察される状況とは全く逆の結果となった。
索引語茶樹;ヨコバイ類;嗜好;抵抗性;品種;形態;成分;発生
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat