テンサイ一代雑種の収量形質に関する遺伝解析(1)

テンサイ一代雑種の収量形質に関する遺伝解析(1)

レコードナンバー651743論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009215NACSIS書誌IDAN00352173
論文副題自殖性O型系統における根重及び根中糖分に関する片側ダイアレル分析
著者名大潟 直樹
田口 和憲
田中 征勝
書誌名てん菜研究会報 = Proceedings of the Sugar Beet Research Association
別誌名Proceedings of the Japanese Society of Sugar Beet Technologists
てん菜技術連絡研究会発表論文集
てん菜研究会報
発行元甘味資源振興会
巻号,ページ43号, p.13-19(2002-07)ISSN09121048
全文表示PDFファイル (515KB) 
抄録テンサイ日殖系統を用いてF1における収量性に対する片側ダイアレル分析を行い、遺伝パラメータを算出した。根重、根中糖分及びカリウム含量に関しては、エピスタシスの影響は認められず、相加・優性遺伝モデルが適合した。 根重は、優性効果が高く、超優性が発現し、狭義の遺伝率は42%であった。一方、根中糖分及びカリウム含量は優性効果は低く、逆に相加効果が非常に高く、狭義の遺伝率はそれぞれ、92%及び90%と極高かった。しかし、アミノ体窒素及びナトリウムでは、エピスタシスの影響や、原集団のヘテロ性と考えられる要因により、相加・優性モデルの適用が困難な形質であった。 これらの結果から、収量性改良に対しては、根中糖分を主眼とした個体選抜の後に、組合せ能力から根重を評価し、一代雑種種子親系統の育成を図ることが有効と考えられた。
索引語テンサイ;一代雑種;収量構成要素;遺伝;解析;自殖;系統;統計;分析;糖度
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat