ホルスタイン種乳用牛における体細胞クローン牛の双子生産

ホルスタイン種乳用牛における体細胞クローン牛の双子生産

レコードナンバー651829論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011496NACSIS書誌IDAA11643733
著者名笠井 裕明
福見 善之
後藤 充宏
書誌名徳島県立農林水産総合技術センター畜産研究所研究報告
別誌名徳島県畜産研究所研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Lives. Res. Ins.
徳島畜研報
畜産研究所研究報告
発行元徳島県立農林水産総合技術センター畜産研究所
巻号,ページ1号, p.6-11(2001-12)ISSN1347099X
全文表示PDFファイル (1512KB) 
抄録継代培養した卵丘細胞をドナー細胞に用いて核移植を行い、クローン産子の双子生産を行った。経膣採卵装置を用いて生体内から吸引採取した卵丘細胞-卵子複合体4個を10%FCS添加DMEM培地で2週間培養し増殖した卵丘細胞を8代継代培養後ドナー細胞とした。核移植には、この細胞を凍結融解後2日間培養したあとに血清飢餓処理して用いた。レシビエント卵子には食肉センター由来の卵巣から当所の常法により採取した卵子をlVMD101で20~22時間成熟培養後除核し、融合操作後活性化処理を行った。胚の再構築はZFMを融合液にし、23v-lOμsec×2回/150μmの条件で直流パルスを通電した。その後10μg/mlシクロヘキシミドと3mg/m1BSAを添加したCRlaaで5時間培養し、IVD101で移植時まで38.5℃、低酸素条件で培養した。移植は培養開始後144時間目の胚盤胞期胚をホルスタイン種経産牛へ2または3胚移植した。その結果、供試卵子数は194個で、融合率83.0、分割率79.4、胚盤胞期胚の発生率は43.8%であった。8頭の受胚牛に21胚移植した結果、5頭が受胎し、内1頭が74日目に発情回帰、1頭が247日目に12及び44kgのクローン胎子を流産した。分娩予定日に達した3頭では1頭が269日目に帝王切開で31.0、54.Okg、1頭が279日目に分娩誘起で41.0、57.Okgの生存産子を生産し、1頭が275日目に分娩誘起で37.0、45.Okgの産子を死産した。なお、生存産子4頭中1頭は誕生後約6時間死亡したが残りの3頭は現在育成中である。以上のことから、ホルスタイン種体細胞クローンでは再構築胚を複数胚移植することで双子生産が可能であった。
索引語乳牛;体細胞;クローン;核移植;胚移植;胚盤胞;体外受精;培養;流産
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat