クロマツ種苗のマツ材線虫病抵抗性に対する花粉親の寄与

クロマツ種苗のマツ材線虫病抵抗性に対する花粉親の寄与

レコードナンバー652370論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名後藤 晋
宮原 文彦
井出 雄二
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ84巻・ 1号, p.45-49(2002-02)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (705KB) 
抄録後藤晋・宮原文彦・井出雄二:クロマツ種苗のマツ材線虫病抵抗性に対する花粉親の寄与 日林誌 84:45~49、2002 マツノザイセンチュウ抵抗性クロマツ採種園を構成する15クローンから採種し育苗した自然交配実生苗641個体の花粉親をRAPDマーカーを用いて識別した後、マツノザイセンチュウの接種試験を行った。接種から6ヵ月後に調査した結果、採種園産実生苗全体の生存率は61%であった。花粉親家系別の実生苗の平均生存率は40~81%とクローン間で大きく変動し、種苗のマツ材線虫病抵抗性は種子親だけでなく花粉親の影響も強く受けていることが示された。また、花粉汚染によって生じた実生苗の生存率は25%と低く、周囲の未選抜個体からの花粉汚染を防ぐことの重要性が改めて示された。このように、種苗のマツ材線虫病抵抗性に対する花粉親の寄与を明らかにすることにより、効率的なクロマツ抵抗性種苗の生産が可能であると考えられた。
索引語クロマツ;マツノザイセンチュウ;花粉;種苗;抵抗性;接種
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat