夏期における高乾物率の混合飼料(TMR)給与が泌乳牛の乾物摂取量および泌乳成績に及ぼす影響

夏期における高乾物率の混合飼料(TMR)給与が泌乳牛の乾物摂取量および泌乳成績に及ぼす影響

レコードナンバー660041論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名横山 学
家守 紹光
磯崎 良寛
ほか3名
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ21号, p.45-48(2002-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (487KB) 
抄録夏期において、乾物率60%の混合飼料(TMR)、ギ酸アンモニウム(ATF)を添加した乾物率60%のTMRおよび乾物率80%のTMRを泌乳牛(分娩後5~7ヶ月)に給与することにより、乾物率およびATF添加がTMRの乾物摂取量および乳量、乳成分に及ぼす影響について検討した。なお、TMRの調整は1日1回16時とし、給与は1日2回9時半、17時半とした。(1)ATF添加した乾物率60%のTMRおよび乾物率80%のTMR給与では、乾物率60%のTMR給与と比べて、夕方における飼料給与直後の採食時間の集中が緩和された。(2)ATF添加した乾物率60%のTMR給与では、乾物率60%のTMRに比べて1日の乾物摂取量、乳量、乳成分に差は認められなかった。(3)乾物率80%のTMR給与では、乾物率60%のTMRに比べて1日の乾物摂取量および乳量に差はないが、夏期に低下しやすい乳脂肪率および全固形分率が向上した。以上の結果から、夏期においてTMRを1日1回調整する場合、乾物率を80%に調整することにより、発熱が抑制され、乾物摂取量および乳量に影響することなく、乳成分が向上することが明らかとなった。
索引語乾物;摂取;添加;乳量;泌乳;乳成分;調整;混合飼料;アンモニウム;飼料
引用文献数18
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat