畜舎構造別に見た乳牛肢蹄疾患の疫学的分析

畜舎構造別に見た乳牛肢蹄疾患の疫学的分析

レコードナンバー660045論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名北崎 宏平
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ21号, p.62-66(2002-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (543KB) 
抄録福岡県内の乳牛肢蹄疾患の罹患状況を把握するため、疫学手法を用いて畜舎構造別(タイストール牛舎、フリーストール牛舎)に有病率を推定した。この推定の危険度は5%、相対精度はタイストール牛舎で9.5%、フリーストール牛舎では21.5%であった。さらに病変をスコア化して分布状況を統計解析した。その結果は次のとおりである。1.タイストール牛舎での有病率は、後肢外蹄の蹄底出血および白帯病、後肢内・外蹄の蹄踵びらんが高く、症状は重い。関節周囲炎は後肢の有病率が高く症状は重い。2.フリーストール牛舎での有病率は、後肢外蹄の蹄底出血および白帯病が高く症状は重い。また、蹄踵びらんの有病率は前肢および後肢の内・外蹄ともに高く、症状は同程度である。関節周囲炎の有病率は低い。3.タイストール牛舎ではフリーストール牛舎よりも後肢外蹄の蹄底出血、蹄底潰瘍および後肢関節周囲炎の有病率が高く症状は重い。一方、フリーストール牛舎ではタイストール牛舎よりも前肢内・外蹄の蹄踵びらんと白帯病の有病率が高く、症状は重い。
索引語蹄;症状;フリーストール;出血;関節;畜舎;構造;乳牛;疫学;推定
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat