密植条件におけるM.9Nagano台木樹‘ふじ’とM.9Nagano/マルバカイドウ(Malus prunifolia Bork.var.ringo Asami)中間台木樹‘ふじ’の生育と果実特性の比較

密植条件におけるM.9Nagano台木樹‘ふじ’とM.9Nagano/マルバカイドウ(Malus prunifolia Bork.var.ringo Asami)中間台木樹‘ふじ’の生育と果実特性の比較

レコードナンバー660087論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名玉井 浩
小野 剛史
小池 洋男
茂原 泉
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 5号, p.670-674(2002-09)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (440KB) 
抄録近年、M.9のウイルスフリー数系統は、世界のリンゴ密植栽培において、わい性台木として最も普及している。M.9Naganoは、ACLSVフリー系統として長野果樹試で育成されたM.9系統の台木である。M.9Naganoを台木と中間台木で用いた‘ふじ’について、その生育、収量並びに生産効率を、有効土層40~50cmのれき質褐色低地土の条件で8年間比較検討した。M.9Nagano台木樹‘ふじ’は、定植後8年目で2×4mの栽植距離にほぼ適合していた。一方、M.9Nagano/マルバカイドウの中間台木樹‘ふじ’は、新梢伸長や幹断面積が大きく、枝葉の過繁茂や着色不良果が観察されて、定植後6年目にして1樹毎に間伐を余儀なくされた。M.9Nagano台木区は中間台木区より生産効率が優れた。定植後8年目の果実品質は、M.9Nagano台木区と中間台木区の間に有意差が認められなかった。以上の結果から、有効土層40~50cmのれき質褐色低地土の条件では、M.9Naganoを台木法で用いた8年生の‘ふじ’は密植栽培(2×4m程度)に適すると考えられた。
索引語台木;土;条件;系統;目;生育;果実;栽培;生産;効率
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat