地域特産鶏「奥美濃古地鶏」にみられた胸部水疱の特徴と飼育技術改善による発生の防止

地域特産鶏「奥美濃古地鶏」にみられた胸部水疱の特徴と飼育技術改善による発生の防止

レコードナンバー660227論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名立川 昌子
石川 寿美代
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ38巻・ 2号, p.84-89(2002-08)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (440KB) 
抄録岐阜県の地域特産鶏である奥美濃古地鶏の胸部水疱の発生をブロイラー(銘柄、チャンキー)の場合と比較検討した。12週齢の奥美濃古地鶏の体重は8週齢のブロイラーの体重と同程度となることから、奥美濃古地鶏を12週齢まで、ブロイラーを8週齢まで育成する実験を3回反復して行った。3回の実験終了時の胸部水疱の発生率は奥美濃古地鶏が49.0%、43.6%、30.7%であったのに対し、ブロイラーでは5.4%、1.1%、8.0%で、奥美濃古地鶏の発生率は有意に高く、水疱の大きさもブロイラーより大きかった。奥美濃古地鶏で胸部水疱の発生が多いのはむね肉、特に浅胸筋の発育が悪いためと考えられた。次に、奥美濃古地鶏の飼育技術の改善による胸部水泡の発生防止を検討した。7週齢以後、各週に1回、飲水器周辺の湿って汚れた敷料および糞を約50kgを飼育室外に搬出し、残余の敷料の切り返しを行った。敷料処理群の水泡の発生率(26.4%)は対照とした未処理群(39.0%)より有意に低下したが、水泡の大きさには両群間に差がなかった。12週齢時における鶏の動態をを調べたところ、敷料処理群では76.3%の鶏が佇立あるいは歩行状態にあったが、未処理群では50.8%であった。敷料処理により座位の状態が少なくなることが水泡発生を低下させたと考えられた。
索引語地鶏;齢;胸部;発生;ブロイラー;敷料;処理;飼育;地域;技術
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat