ドライ方式の血液凝固分析装置による犬の血液凝固異常の検出

ドライ方式の血液凝固分析装置による犬の血液凝固異常の検出

レコードナンバー660251論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名鬼頭 克也
北川 均
佐々木 榮英
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ55巻・ 8号, p.509-512(2002-08)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (415KB) 
抄録ドライ式血液凝固分析装置(DRY法)の凝固異常の検出能を評価するため、ウエット式血液凝固時間測定法(WET法)で異常値を示した犬の血漿を用いて、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、血漿フィブリノゲン濃度(pfg)を測定した。検体にはクエン酸血漿を用い、PTおよびAPTT用の検体にはWET法でPTまたはAPTTが延長したそれぞれ30検体を、pfgの測定にはWET法で低または高濃度であった15検体を用いた。PT、APTT、pfgの両方法間の相関係数はそれぞれ0.675、0.551、0.945で有意な(p<0.0001)相関が認められた。DRY法によるPTはWET法で異常値を示した全検体を、APTTは1検体を除く29検体を異常値として検出できたが、pfgではWET法で低濃度であった10検体の異常を検出できなかった。同時再現性試験ではPT、APTT、pfgの変動係数は2.0から5.2%であり、測定精度は高かった。
索引語異常;検出;時間;血漿;分析;装置;濃度;測定;方式;凝固
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat