映像サンプリングと漁獲調査の組み合わせによる人工魚礁域の底生魚類の魚群量推定

映像サンプリングと漁獲調査の組み合わせによる人工魚礁域の底生魚類の魚群量推定

レコードナンバー660316論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011795NACSIS書誌IDAN10278554
著者名藤田 敏彦
北川 大二
神 康俊
奥山 勇作
書誌名水産工学
別誌名Fisheries engineering
発行元日本水産工学会
巻号,ページ31巻・ 1号, p.7-13(1994-07)ISSN09167617
全文表示PDFファイル (401KB) 
抄録人工魚礁域における魚類の密度や現存量を知ることは、魚礁効果を評価する上で極めて重要である。浅い海域における人工魚礁域では、魚群密度の推定のためにSCUBA潜水による視覚的調査が用いられ、深い海域の人工魚礁でも、近年は潜水艇による観察やROVの映像を利用した視覚的な調査が行われるようになった。しかし、浅い海域や平坦な海底地形の場所と異なり、深い海域でそれらの視覚的調査のみに頼ることは、技術的にも経費の点でも多くの困難を伴うと考えられる。一方、三枚網や底延縄の操業は、水深や海底地形に左右されにくく、深い人工魚礁域においても操業が可能であり、それらの漁具の漁獲効率を求めることによって、漁獲調査結果を魚群量推定に利用することが可能になる。漁具の漁獲効率を求めるためには,実際の魚類の密度を別の方法で知る必要がある。底生魚類の密度を求める最も有力な方法は,写真やテレビなどの映像サンプリングである。映像を利用して魚類の密度を求めた研究例は数多く、船上からワイヤーにより海底直上まで降ろす垂下式のカメラや曳航式のカメラを用いて密度推定が行われている。また、潜水艇からのカメラ映像も利用されている。映像による方法はトロールなどの漁具と比較して、魚に与える影響が少なく調査面積も推定しやすいために、分布密度をより正しく求めることができると考えられる。
索引語密度;魚礁;調査;人工;魚類;推定;漁獲;海域;魚群;海底
引用文献数21
登録日2011年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat