冷凍装置用冷却海水ポンプの可変速化による節電効果

冷凍装置用冷却海水ポンプの可変速化による節電効果

レコードナンバー660367論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011795NACSIS書誌IDAN10278554
著者名酒井 久治
坂本 牧夫
書誌名水産工学
別誌名Fisheries engineering
発行元日本水産工学会
巻号,ページ33巻・ 2号, p.105-109(1996-11)ISSN09167617
全文表示PDFファイル (297KB) 
抄録遠洋まぐろ延縄漁船の冷凍装置は、庫内温度を-50~-55℃に設定し、漁獲物の品質向上に努めている。このため、冷凍機は大きな能力を必要とし、総トン数400トンの漁船では60~75kWの冷凍機を3~4台装備している。一方、冷凍装置の熱負荷は航海を通して変動する。航海別では往航、復航、操業の順に大きく、また各航海中は漁獲量、海水温度の変動、急速凍結中の経過時間などによっても異なる。これらの負荷変動に対して、冷凍機はアンローダ装置を備え、省力化に対応しているが、周辺機器についてはまったく対応していないと言える。擬縮器において、冷媒から冷却海水に放熱される熱量は熱負荷に相応し、冷凍装置の熱負荷が減少すると擬縮器内の放熱量も減少する。しかし、冷却海水は定速性を有する三相誘導電動機駆動のポンプにより供給されるので、熱負荷の変動に関わらず、全力で運転され、熱負荷減少時の省力化に改善の余地が認められる。今回、この問題点に着目し、冷却海水ポンプの回転数を調節し、擬縮器の放熱量に見合った冷却海水量を供給することにより、このポンプの流量減少分の消費電力を節電しようとした。本研究は、まぐろ延縄漁船の消費電力の節減を目的として、7.5kWの冷凍装置用冷却海水ポンプにインバータおよび自動制御装置を組み合わせて可変速化を行い、擬縮器の冷却海水の出入口温度差を一定に保持する実験を行った。本報では、節電効果の定量的な知見が得られたので、方法と結果について報告する。
索引語装置;冷却;海水;負荷;冷凍;ポンプ;熱;変動;漁船;航海
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat