イチゴ,カキ,プルーンおよびバナナの果実細胞壁に由来するキシログルカンの構造

イチゴ,カキ,プルーンおよびバナナの果実細胞壁に由来するキシログルカンの構造

レコードナンバー660615論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013020NACSIS書誌IDAN10453916
著者名伊藤 聖子
加藤 陽治
書誌名応用糖質科学
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ49巻・ 4号, p.501-504(2002-10)ISSN13403494
全文表示PDFファイル (294KB) 
抄録各種果実の軟化機構を明らかにするための基礎研究の一つとして、ヘミセルロース多糖の一つであるキシログルカンについて、構成オリゴ糖単位での構造研究を進めている。今回は、イチゴ、カキ、プルーンおよびバナナの果実細胞壁のキシログルカンについて調べた。各種果実の可食部細胞壁多糖類を常法に従い分画し、得られた24%KOH抽出画分(ヘミセルロースII)に微生物由来の精製キシログルカナーゼを作用させオリゴキシログルカンを得た。これに、さらに精製イソプリメベロース生成酵素を作用させた。得られたそれぞれの酵素加水分解物はパルスドアンペロメトリー検出器を用いたHPLC分析に供した。キシログルカンを構成している主要オリゴ糖単位として、七糖(XXXG)、九糖(XXFG)、および十糖(XLFG)が確認された。[XXXG等はFryらによるキシログルカンオリゴ糖の表示法で、主鎖の各(1→4)-β結合のグルコース残基の分岐様式により一文字コードで示される。G=β-D-Glc、X=α-D-Xyl-(1→6)-β-D-Glc、L=β-D-Gal-(1→2)-α-D-Xyl-(1→6)-β-D-Glc、F=α-L-Fuc-(1→2)-β-D-Gal-(1→2)-α-D-Xyl-(1→6)-β-D-Glc]。さらに、八糖としてXXLGおよびXLXG、九糖としてXLLGの存在が確認された。これら6種のオリゴ糖単位は量比の違いはあるものの、イチゴ、カキ、プルーンおよびバナナの果実すべてにみられた。
索引語糖;果実;イチゴ;カキ;バナナ;細胞壁;オリゴ糖;単位;構造;研究
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat