鳴門地先におけるアマモ場と底質および波浪との関係

鳴門地先におけるアマモ場と底質および波浪との関係

レコードナンバー660764論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011795NACSIS書誌IDAN10278554
著者名團 昭紀
森口 朗彦
三橋 公夫
寺脇 利信
書誌名水産工学
別誌名Fisheries engineering
発行元日本水産工学会
巻号,ページ34巻・ 3号, p.299-304(1998-03)ISSN09167617
全文表示PDFファイル (338KB) 
抄録海草アマモは、北半球に広く分布し、その群落を中心とした生物群集が、アマモ場として知られている。従来、アマモ場など、海草藻場の造成技術は、適地を選定し、播種や草体の移植を中心に開発が進められてきた。しかし、近年、藻場造成に関する技術は、目的によって(1)コンブ類など市場価値の高い大型藻類を増殖する技術、(2)藻体を餌料とする市場価値の高い貝・ウニ類の増殖を期待して、アラメ・カジメ類などに、ある程度の管理を施す技術、(3)アマモやホンダワラ類などを生育させ、長時間かけても沿岸域の環境保全を実現し、魚類など水産資源を増殖させるため、施工後の管理をなるべくしない技術に大別される。徳島県鳴門市の播磨灘沿岸海域は、瀬戸内海での急激な藻場の衰退が報じられる以前から、藻場が少なかった。そこで、筆者らは、鳴門市北灘町櫛木地先において、アマモ場造成とホンダワラ類、更にはカジメ類などを含む複合的な藻場を形成させ、魚類や貝・ウニ類の水産資源の増殖を促すための事前調査研究を行った。
索引語アマモ;藻場;技術;増殖;造成;市場;ウニ類;管理;沿岸;魚類
引用文献数12
登録日2011年07月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat