イセエビ刺網の漁獲効率と資源管理

イセエビ刺網の漁獲効率と資源管理

レコードナンバー660830論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007529NACSIS書誌IDAA11689712
著者名尾崎 真澄
書誌名千葉県水産研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Fisheries Research Center
別誌名千葉水研研報
発行元千葉県水産研究センター
巻号,ページ1号, p.9-15(2002-03)ISSN13472534
全文表示PDFファイル (913KB) 
抄録1)千葉県外房海域で使用されているイセエビ刺網数種の漁獲効率の違いを検討するため、異なる網地や目合を用いて試験操業を行い、漁獲されたイセエビの平均頭胸甲長と網の単位長さあたりの漁獲尾数を比較した。2)目合別に比較したところ、2子撚り網内で漁獲サイズ及び漁獲尾数に、普通網内で漁獲サイズに有意差が見られ、目合によるサイズ選択性の存在が示された。3)網地別に比較したところ、いずれの目合でも有意差は表れなかったが、2子撚り網の小さい目合(2.6寸及び2.8寸)では他の網地より漁獲尾数が多い傾向であった。4)漁獲制限されている頭胸甲長44mm以下が占める割合を算出したところ、網地の種類に関わらず目合の小さい網で、より小型のエビが採捕され、占める割合も多い傾向が示された。5)水揚対象となる頭胸甲長44mmより大きいものについて網ごとの漁獲重量を算出したところ、目合が大きくなった場合の漁獲尾数の減少に対する、漁獲物重量への影響は大きくないものと考えられた。6)撚りの少ない網地と撚りの多い網地の使用感を比較したところ、撚りの少ない網地は漁獲物や夾雑物の取り外しの作業量が少ないが、網の損傷度合いが高くなる傾向が伺われた。一方、従来から用いられている撚りの多い網地は漁獲物の取り外しの作業量は多いが、網の損傷度合いは低く、長期間繰り返し使用できると考えられた。7)イセエビの資源管理を進めるにあたっては、漁獲効率のほかにも作業性や経済性をも考慮した上で漁具を選定する必要があると考えられた。
索引語網;漁獲;イセエビ;尾;効率;作業;資源管理;損傷;千葉県;海域
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat