RAPD分析によるビワ品種・系統の識別

RAPD分析によるビワ品種・系統の識別

レコードナンバー660932論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名福田 伸二
長門 潤
山本 俊哉
ほか2名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 6号, p.826-828(2002-11)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (253KB) 
抄録60種類のオペロンプライマーを用いてRAPD法によりビワ69品種・系統の識別の可能性を検討した。再現性良く増幅がみられた28種類のプライマーから合計135本のバンドが得られた。そのうち、多型バンドは108本で、E.japonica間では54本の多型バンドが得られた。供試した品種・系統すべてを1本以上のバンド差で識別することができた。
索引語品種;系統;識別;ビワ;多型;RAPD;分析;RAPD;バンド;オペロンプライマー
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat