2000年5-6月の日本周辺海域表面におけるサイズ分画クロロフィルa濃度の地理的分布

2000年5-6月の日本周辺海域表面におけるサイズ分画クロロフィルa濃度の地理的分布

レコードナンバー661178論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20015015NACSIS書誌IDAN10063434
著者名橋本 慎治
塩本 明弘
書誌名水産海洋研究
別誌名Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography
発行元水産海洋学会
巻号,ページ66巻・ 3号, p.148-154(2002-08)ISSN09161562
全文表示PDFファイル (1040KB) 
抄録海洋において植物プランクトン現存量とそのサイズ組成を把握することはその海域の生態系を理解する上で重要である。Lalliによると、海洋における植物プランクトンのサイズ組成はそれを利用するより高次の従属栄養生物と密接な関係がある。<2μm画分の小型植物プランクトンから始まる生態系では植物プランクトンによって生産されたエネルギーが高次の大型魚類へたどり着くまでに6つの栄養段階を経なければならないのに対して、>10μm画分の大型植物プランクトンから始まる生態系では3-4つの栄養段階を経て高次の大型魚類までたどり着く。植物プランクトンのサイズ組成は、栄養塩濃度や鉄成分などの微量金属、さらに最近では栄養塩濃度とは関係なく海水の鉛直方向の動きの影響を受けることが報告されている。湧昇海域では有光層以深の栄養塩が有光層へもたらされることによって大型の植物プランクトンが優占する。しかしながら、栄養塩濃度が高濃度に存在する海域において鉄成分が不足しているとクロロフィルa濃度が低く、小型の植物プランクトンが優占する。このように植物プランクトンのサイズ組成を決定する要因がいくつか存在するが、日本周辺海域においてそのサイズ組成を決定する要因については不明である。
索引語植物プランクトン;海域;濃度;組成;栄養塩;生態系;栄養;日本;クロロフィル;海洋
引用文献数24
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat