男鹿半島沿岸におけるスギモク群落の季節変化と生産力

男鹿半島沿岸におけるスギモク群落の季節変化と生産力

レコードナンバー661269論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名中林 信康
谷口 和也
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ68巻・ 5号, p.659-665(2002-09)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (750KB) 
抄録1993年8月から1994年8月まで、男鹿半島沿岸水深1~3mにおけるスギモク群落の季節変化と生産力を調べた。スギモクは9月に越年する付着器から細い糸状の葉が発芽し、冬季には緩やかに、春季には急速に生長して翌年6月に全長が52cm、現存量が5974g湿重/m(2)と当歳期での極大に達する。当歳の葉は9月にかけて著しく枯れ、換わって密な鱗片状の葉をもつ枝を12月まで形成する。1月には全長が53cm、現存量が6503g湿重/m(2)と満1歳期での極大に達するとともに、枝の先端に生殖器床を形成する。卵の放出は4月に水温が8℃以上になって行われる。卵放出後、鱗片状の葉をもつ枝は徐々に枯れて、約2年を経た11月にすべて枯死脱落する。スギモク群落の年間純生産量は層別刈り取り法によって10478.8g湿重/m(2)と計算された。
索引語葉;群落;枝;沿岸;季節変化;生産力;鱗片;卵;放出;水深
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat