0.5mlストローによるブタ精液の簡易凍結保存

0.5mlストローによるブタ精液の簡易凍結保存

レコードナンバー661539論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012854NACSIS書誌IDAN10092986
論文副題融解速度の検討
著者名河原崎 達雄
赤松 裕久
知久 幹夫
堀内 篤
書誌名静岡県中小家畜試験場研究報告 = Bulletin of Shizuoka Swine & Poultry Experiment Station
別誌名Bull. Shizuoka Swine & Poultry Exp.Stn
静岡中小試研報
発行元静岡県中小家畜試験場
巻号,ページ13号, p.5-8(2002-10)ISSN09146520
全文表示PDFファイル (624KB) 
抄録0.5mlストローを用いて簡易凍結したブタ精液の融解条件について検討した。凍結精液を30、40、50および60℃の温湯内で融解したところ、融解速度は1000~1800℃/minとなった。生殖能力の確認されている大ヨークシャー種3頭、デュロック種3頭の6射出精液を用い、5℃で、2.5%グリセリン添加BF5で希釈し、0.5mlプラスチックストローに封入した。表面が硬質ゴム製のラックにストローを載せ、4cmの高さで凍結させてから15分後にストローを液体窒素内に浸漬することにより凍結した。融解は30、40、50および60℃の温湯内でおこない、融解後の精液は30℃のBTSで10倍希釈した後、37℃恒温水槽内で6時間培養し、精子活力、頭帽正常精子率を調べた。凍結融解後の精子活力は50℃および60℃、頭帽正常率は50℃温湯内での融解で優れる傾向を示した。凍結・融解後の精液は体外培養6時間後においても50%以上の精子が++~+++活力を有しており、体外受精や卵管内授精での利用が可能と思われた。
索引語融解;精液;凍結;精子;ブタ;速度;種;培養;凍結保存;条件
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat