ヒト閉経期性腺刺激ホルモンを用いた農家繋養黒毛和種供胚牛の過剰排卵誘起

ヒト閉経期性腺刺激ホルモンを用いた農家繋養黒毛和種供胚牛の過剰排卵誘起

レコードナンバー661577論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名菅野 美樹夫
篠木 忠
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ19巻・ 3号, p.77-80(2002-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (317KB) 
抄録福島県内の農家繁養黒毛和種供胚牛5頭に、hMGを用いて過剰排卵誘起を行うとともに胚回収後、直ちにヨード剤50mlの子宮内注入とPGF2α25mgの筋肉内投与を行い、胚回収成績を比較検討した。初回は、hMG総量 750国際単位(IU)を、2回目はhMG総量600IUを用いて過剰排卵誘起を行った。2回目の胚回収成績は、初回と比較して回収胚および卵総数、移植可能胚数は少なかったものの、移植可能胚率および優良胚の占める割合は、高かった。黒毛和種にhMGを応用する場合、総量600IU、1日2回3日間投与が適当であるとともに、ヨード剤の子宮内注入とPGF2αの筋肉投与を組み合わせることで発情回帰が早まり、胚回収間隔の短縮の可能性が示唆された。
索引語胚;回収;種;過剰排卵;投与;農家;毛;子宮;移植;ヒト
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat