生殖腺で特異的に発現する新規遺伝子の単離と発現解析

生殖腺で特異的に発現する新規遺伝子の単離と発現解析

レコードナンバー661579論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名松本 和也
山本 由美
Zhang M.
ほか4名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ19巻・ 3号, p.89-95(2002-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (980KB) 
抄録精巣・卵巣で特異的に発現する新規遺伝子GSE(gonad-specific expression gene)を単離し、発現解析を行った。ノーザンブロット解析より、生殖腺以外の体細胞系列組織では発現していないことが示された。精巣ではパキテン期の精母細胞が出現する生後14日目からGSEは発現し始め、一方、卵巣では減数分裂に既に入っている卵母細胞が存在する分娩時からGSEは発現していることが認められた。以上より、GSEは生殖細胞の減数分裂に何らかの役割を果たしていることが示唆された。
索引語発現;解析;生殖;遺伝子;単離;精巣;卵巣;体細胞;組織;細胞
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat