蒸気式乾燥装置内の温湿度および風速分布の適正化(1)

蒸気式乾燥装置内の温湿度および風速分布の適正化(1)

レコードナンバー661618論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010775NACSIS書誌IDAN10102048
論文副題平角材の桟積み条件
著者名伊藤 洋一
中嶌 厚
中川 伸一
幡多 輝昭
書誌名林産試験場報
別誌名Journal of the Hokkaido Forest Products Research Institute
発行元北海道立林産試験場
巻号,ページ16巻・ 6号, p.7-15(2002-11)ISSN0913140X
全文表示PDFファイル (822KB) 
抄録トドマツ平角材(厚さ110×幅160×長さ3650mm)を用いて、蒸気式乾燥装置内の温湿度および風速の測定を行い、高温乾燥中の装置内温湿度特性を評価した。得られた知見は、以下のとおりである。1)乾燥室の奥行方向においては、ファンの正転時、逆転時とも、乾燥室後部の方が乾球温度は高くなり、また相対湿度は低くなっている。2)乾燥室の高さ方向においては、ファンの正転時、逆転時とも、上段に比べて中・下段の測定点の乾球温度が高くなっている。これにより、風上側の中・下段測定点の相対湿度は比較的低くなっている。3)乾燥室の幅方向においては、ファンの正転時、逆転時とも風上にあたる点の乾球温度が高くなり、相対湿度は低くなる。また、風上側~中央間での温度低下は、中央~風下側間の温度低下より大きくなっている。4)風速に関しては、幅方向の風速分布を一定にするために、桟木厚さを厚くする必要があると考えられる。5)水分傾斜に関しては、水食いの程度が「わずかに」である試験材についても、中心部の含水率は30%前後と高く、水分傾斜は比較的高いものと思われた。6)割れ面積に関しては、風速よりも水食いの程度の影響が大きいと考えられる。
索引語温度;湿度;乾燥;装置;測定;分布;水分;水;条件;トドマツ
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat