鶏の飼料消費量および排せつ量軽減に関する育種学的研究(3)

鶏の飼料消費量および排せつ量軽減に関する育種学的研究(3)

レコードナンバー662007論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014244NACSIS書誌IDAN00380179
著者名清川 真千子
内村 正幸
上山 勝行
手塚 博愛
書誌名鹿児島県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Kagoshima Prefectural Livestock Experiment Station
Bulletin of the Kagoshima Livestock Experiment Station
発行元鹿児島県畜産試験場
巻号,ページ36号, p.95-97(2002-12)ISSN0389357X
全文表示PDFファイル (226KB) 
抄録飼料消費量と排せつ量が少なく、産卵性も優れた鶏群から得た薩摩鶏雌24羽を用いて、残差飼料消費量(以下RFC)による選抜の効果を2001年11月19日から12月17日(265から293日齢)の28日間調査し、次の結果を得た。1.代謝体重、増体日量および産卵日量のデータを用いて作成した重回帰式で、RFCの小さい個体を上位として選抜した結果、RFC、乾物量、飼料要求率および初産日齢において、選抜群が、選抜外群に対して、5%水準で有意に優れた成績となった。2.各世代ごとの成績を比較した結果、RFCでの選抜は、排せつ量および増体が優れた系統を選抜してきているため、今後はRFCと産卵性とを総合的に選抜していく必要があると思われた。
索引語選抜;飼料;消費量;産卵;性;日齢;増体;育種;研究;雌
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat