日本沿岸海藻由来の抗アクネ起因菌Propionibacterium acnes活性の探索および活性物質の分離

日本沿岸海藻由来の抗アクネ起因菌Propionibacterium acnes活性の探索および活性物質の分離

レコードナンバー662146論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014461NACSIS書誌IDAN1050372X
著者名末吉 美幸
寺田 竜太
亀井 勇統
書誌名海と台地
別誌名Marine and Highland Bioscience Center report
Marine & Highland Bioscience Center report
佐賀大学海浜台地生物生産研究センター報告
発行元佐賀大学海浜台地生物生産研究センター
巻号,ページ15巻・ p.43-52(2002-12)ISSN13415344
全文表示PDFファイル (842KB) 
抄録アクネ(ニキビ)は様々な要因により引き起こされるが、Propionibacterium acnesはその主の要因の一つである。そこで我々は、海藻成分の中から皮膚に刺激を与えない天然素材を配合した新規のアクネ予防化粧品並びにアクネ治療剤の開発を目的として、日本沿岸から採取した海藻類341種を対象に坑P. acnes活性のスクリーニングを行った。その結果、日本沿岸海藻から調製したMeOH抽出液において計13種の海藻に強い坑P. acnes活性が見られた。そこでこれら13種の海藻について最小阻止濃度並びに抗菌スペクトル試験を行ったところ、これまで抗菌性の知られていない褐藻ノコギリモクに比較的強い坑P. acnes活性が観察された。このノコギリモクのMeOH抽出液について、各種クロマトグラフィーを用いて坑P. acnes活性物質の分離を試みたところ、比較的高極性の抗菌物質を得ることができた。
索引語海藻;活性;日本;沿岸;種;活性物質;分離;要因;探索;成分
引用文献数10
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat