実用酵母Saccharomyces及びSaccharomyces sensu strictoにおける2μDNAの分布

実用酵母Saccharomyces及びSaccharomyces sensu strictoにおける2μDNAの分布

レコードナンバー662198論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名中里 厚実
門倉 利守
安 光得
ほか1名
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ47巻・ 3号, p.226-230(2002-12)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (854KB) 
抄録醸造酵母は実用面から見ると清酒酵母、ワイン酵母、ビール酵母などに分けられる。これらの酵母の多くはSaccharomyces cerevisiaeに属している。このS. cerevisiaeは近年遺伝子工学分野で頻繁に使用されている2μDNAプラスミドを保持している。本研究では実用酵母としての観点から見た2μDNAの保持について調べた。清酒酵母については、醸造協会保存の17株、ATCC保存の10株、長期間保存されている7株(IFO及びNI株)、大手酒造工場から分離された22株、竹田らによって分離された93株、自然界から分離された43株の合計192株の全てが2μDNAを保持していなかった。また、泡盛酵母も同様に15株全てが保持していなかった。ワイン酵母は55株中34株、パン酵母は20株中17株、ビール酵母は14株中13株が保持しており、高い保持率を示した。焼酎酵母は30株中10株で低い保持率であった。このように日本独自の酒類である清酒、泡盛、焼酎の製造に使用されている酵母は2μDNAを保持していないか、または保持していても低率である結果であった。これに対し、パン酵母やビール酵母は高い保持率を示した。また、本研究では実験室酵母として使用されているS. cerevisiae、S. bayanus、S. pastorianus、S. paradoxus及び樹液酵母も使用した。その結果、興味あることにS. paradoxusと樹液酵母の保持は確認されなかった。
索引語酵母;DNA;保存;醸造;研究;パン;樹液;DNA;分布;遺伝子工学
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat