清酒製造業における雇用構造の変化と生産効率性

清酒製造業における雇用構造の変化と生産効率性

レコードナンバー662199論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
論文副題関東甲信越地域における酒造要員賃金実態調査を手がかりにして
著者名木原 高治
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ47巻・ 3号, p.231-242(2002-12)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (835KB) 
抄録清酒製造業は、わが国の伝統産業であると同時にいち早く近代化がなされた産業でもある。しかしながら、清酒製造業では外部労働市場に依存した製造システムである杜氏制度を温存したため、技能労働者の不足がその存立を脅かしている。本報告では、酒造要因不足のなかで、雇用構造を変化させ、労働の内部化(内部組織の形成)を進めている企業と、これに適応できない小規模企業との間に生産効率性の著しい格差がみられることを明らかにした。
索引語雇用;構造;生産;効率;性;産業;企業;地域;賃金;実態
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat