集約的園芸産地の作付け形態に関する一考察

集約的園芸産地の作付け形態に関する一考察

レコードナンバー662241論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015170NACSIS書誌IDAN00250548
論文副題園芸作経営の改善方向
著者名菊地 香
仲地 宗俊
仲間 勇栄
書誌名琉球大学農学部学術報告 = The science bulletin of the College of Agriculture, University of the Ryukyus
別誌名The science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus
発行元琉球大学農学部
巻号,ページ49号, p.33-41(2002-12)ISSN03704246
全文表示PDFファイル (667KB) 
抄録本稿では、集約的な野菜産地であり、主としてキャベツ産地として確立しているA県B市の事例を取り上げ、現在の作付けが経営的に適作であるのかを検証した。また、土壌条件についても考察を行い、経済的な面だけではなく土壌の面からも事例地が適切な作付けを行っているのかを検討を行った。分析から得られたことをまとめると次の3点があげられる。第1に、B市においてはキャベツや大根といったアブラナ科の品目を中心とした作付けが中心であり、かなりの期間連作されていることがわかった。第2に、現在のキャベツや大根といったアブラナ科の品目を中心とした作付けよりも、アブラナ科以外の品目を経営の中に取り入れた方が、連作障害の回避にもつながることが把握できた。第3に、各集落別にみると現在の作付け形態を維持するために改善が毎年必要となる土壌であり、土壌条件からみると非常に不安定な作付けがなされていることがわかった。
索引語作付け;土壌;産地;経営;キャベツ;アブラナ科;園芸;形態;条件;連作
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat