ブドウ‘グローコールマン’果実切片のアントシアニン蓄積における紫外線の関与

ブドウ‘グローコールマン’果実切片のアントシアニン蓄積における紫外線の関与

レコードナンバー670497論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名片岡 郁雄
杉山 明正
別府 賢治
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ72巻・ 1号, p.1-6(2003-01)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (611KB) 
抄録光感受性の高いブドウ品種‘グローコールマン’果実のアントシアニン蓄積における紫外線の関与について、成熟開始期の果実切片を用いて調査した。果実切片を太陽散乱光のもとで各種の資材;ガラス板、ポリオレフォンフィルム、ポリ塩化ビニール、紫外線除去塩化ビニールフィルム、エチレンテトラフルオロエチレンフィルム、ポリカーボネート樹脂板、ガラス繊維強化アクリル板で被覆して、72時間培養した。果皮のアントシアニン含量は、紫外線透過率の低い資材で被覆した場合、大きく減少した。人工的な紫外線照射(ピーク波長352nm)はアントシアニン蓄積を著しく促進させた。UV-A領域(320-400nm)での0.4W・m(-2)までの紫外線照射によりアントシアニン含量は急増し、2.3W・m(-2)まで高いレベルで平衡状態を保った。一方、白色光も8.5W・m(-2)、までの照射はアントシアニン含量を緩やかに増加させた。紫外線に4.1W・m(-2)の白色光を組み合わせて照射した場合、アントシアニン含量はさらに増加した。以上の結果から、ブドウ‘グローコールマン’果実のアントシアニン蓄積には紫外線成分が関わっており、施設の被覆資材の選択には、紫外線透過特性を考慮する必要があることが示された。
索引語紫外線;アントシアニン;果実;蓄積;光;照射;ブドウ;資材;板;被覆
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat