レタスの茎の生長のアロメトリー

レタスの茎の生長のアロメトリー

レコードナンバー670501論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名杉山 信男
小菅 秀一
李 温裕
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ72巻・ 1号, p.24-28(2003-01)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (410KB) 
抄録結球性レタスを25/20℃あるいは20/15℃に調節した自然光ガラス室内で栽培し、茎の生長と花成の関連を調査した。25/20℃では播種後28日目、20/15℃では39日目に花成の最初の兆候である生長点の肥厚が認められた。25/20℃では結球せずに抽だいしたが、20/15℃では結球した。栽培温度にかかわらず、茎の長さは指数的に増加した。茎の長さと径の関係を両対数グラフにプロットすると、花成の兆候が認められるまでは、25/20℃、20/15℃とも直線となったが、その後は直線からのかい離が認められた。茎の長さと重さ、茎乾物重と葉乾物重との関係も、同様に花成の兆候が認められるまでは直線に当てはまった。これらの結果から、球の形成に関係なく、栄養生長茎と花茎とはその形によって識別することが可能であることが明らかになった。
索引語茎;結球;長さ;レタス;生長;目;栽培;性;ガラス;生長点
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat