日本におけるオゾンによる農作物被害軽減のための農業対策技術

日本におけるオゾンによる農作物被害軽減のための農業対策技術

レコードナンバー670833論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名野内 勇
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ59巻・ 1号, p.59-67(2003-03)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (870KB) 
抄録日本では、光化学オキシダント汚染は1969年あるいは1970年以来、毎年発生しており、それに伴う植物被害も継続的に生じている。光化学オキシダント(主成分はオゾン)による農作物被害は、農家にとって直接的な経済的減収を引き起こす。特に葉被害を受けると葉菜類の市場価格は大きく低下し、極めて大きな経済的な減収となる。農作物の本質的な性質を利用することにより、大気汚染被害を軽減する農業技術として、(1)農作物が持つ遺伝的な抵抗性、(2)肥料管理、(3)特殊化学物質処理、(4)バイオテクノロジーによる防御遺伝子の活性化および(5)施設栽培の5つの方法が提案されている。しかしながら、今のところ、これらの方法は激甚な被害には対応できず、被害が軽いような汚染に対してのみ有効な一時的な対策である。
索引語被害;日本;オゾン;対策;オキシダント;汚染;農業;技術;植物被害;農家
引用文献数52
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat